失った歯を補う治療

失った歯を補う治療

歯を失ってしまった場合には、ブリッジ、入れ歯、インプラントで失ってしまった部分を補うことができます。
治療方法によって、見た目に違いがあるだけでなく、周りの歯への影響や、装着感や安定性の面でも違いがあります。
最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

歯が抜けたまま放置しないで!

1本でも歯がなくなると、両隣の歯が傾いたり、噛み合っていた向かい合う歯が伸びてきたりと、ほんの短期間でたくさんの歯が動いてしまいます。その結果、虫歯や歯周病のリスクが高くなる、顔がゆがんでしまう、肩こりや腰痛・頭痛などの原因になるなど、多くのトラブルを引き起こしてしまいます。抜歯した傷口が落ち着いたら、できるだけ早く治療を受けることをおすすめします。

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削って土台にし、橋渡しするようにして冠を被せて補う治療法です。取り外しが不要で違和感も少ないですが、健康な歯を大きく削る必要があります。健康保険が利用できます。

部分入れ歯

取り外し式の人工の歯を歯茎にのせて、残っている歯に留め具を引っ掛けて固定して使います。歯が全てなくなってしまった場合には、総入れ歯となります。健康保険が利用できます。

当院の治療メニュー

当院では健康保険を利用できる治療はもちろん、インプラントなど様々な治療方法に対応しています。皆様のご希望にあわせて最適な治療方法をご提案いたしますので、お気兼ねなくご相談ください。

ブリッジ(ジルコニア)

ブリッジ(メタルセラミック)

歯の欠損している部分を含んでジルコニアで削りだします。

保険適用
費用 130,000円(税別)×本数
長所
  • 強度が高く、潰れにくい
  • 本物の歯のように見える
  • 見た目が最も美しい
  • 口臭が出にくい
  • 変色しない
  • 金属アレルギーがでない
短所
  • 保険が適用されない

入れ歯(金属床)

入れ歯(金属床)

義歯床に金属を使用しています。

保険適用
費用 材料と欠損数により変わります
長所
  • 自分の歯を削る必要がない
  • プラスチックの入れ歯よりよく噛める
短所
  • 違和感がある
  • インプラント・ブリッジよりも噛めない

ブリッジ(金銀パラジウム合金)

ブリッジ(金銀パラジウム合金)

銀、パラジウムなどを使った銀合金を使用しています。

保険適用
費用
長所
  • 取り外す必要がなく、違和感がない
  • 入れ歯よりしっかり噛める
短所
  • 土台となる自分の歯を削る必要がある
  • 土台の歯に負担がかかり折れることがある
  • 色が目立つ
  • 金属アレルギーの可能性がある

入れ歯(プラスチック床)

入れ歯(プラスチック床)

義歯床にプラスチックを使用しています。

保険適用
費用
長所
  • 自分の歯を削る必要がない
短所
  • 大変な違和感がある
  • 精度を高く作るのが難しく、安定して噛めない
  • 割れたり、変形しやすく耐久性が低い


PAGE TOP