入れ歯

入れ歯による治療

入れ歯は「床」と呼ばれる部分に使用する材料によって、大きく2種類に分かれます。
ひとつは床がすべてプラスチックでできている、いわゆる「プラスチック床」の入れ歯。
もう一つは床の一部に金属を使った「金属床」の入れ歯です。
装着時の「違和感」、しっかり噛める「安定性」、温かさ・冷たさを感じる「熱伝導」の3点で違いがあります。

違いその1:違和感(薄さ)

プラスチック床の入れ歯は、強度を保つため、厚く製作する必要があります。これが大きな違和感の原因です。 金属床なら薄くて丈夫な入れ歯が作れるので、違和感も最小限にすることが可能です。

違いその2:安定性(よく噛める)

プラスチック床は強く噛むとたわんでしまいます。さらに長期間の使用により少しずつ変形し、徐々に噛めなくなってきます。 金属床なら、たわみや変形も少ないので、しっかりと安定した噛み心地になります。

違いその3:熱伝導(温かさ・冷たさが伝わる)

上あごをおおう入れ歯の場合、プラスチック床では温かいものや冷たいものを食べても熱を感じにくくなります。 たとえば、温かいお茶を飲んでも、上あごはその温かさをあまり感じることができません。 その点、金属床は熱の伝導にも優れているので、食べ物の温かさや冷たさをしっかり感じることができます。


当院の入れ歯

当院では健康保険を利用できる入れ歯はもちろん、様々な入れ歯に対応しています。失った歯の本数や、皆様のご希望にあわせて最適な入れ歯をお作りしますので、お気兼ねなくご相談ください。

チタン床義歯

チタン床義歯の画像

義歯床に純チタンを使用しています。

部分義歯 385,000円~(税別)
総義歯 500,000円(税別)

※写真の左側金色部分はチッ化処理の見本です。

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム床義歯の画像

義歯床にコバルトクロムを使用しています。

部分義歯 185,000円~(税別)
総義歯 265,000円(税別)

ノンスクラブ義歯

ノンクラスプ義歯の画像

ナイロンを使用しています。
部分義歯(入れ歯)の入れ歯が動かないようにするための金属製の金具(バネ、止め具)が審美的に問題を起こすのです。『ノン・スクラプ・デンチャー』は、金属製の金具(バネ、止め具)の代わりに、プラスチック製の軟性義歯床で義歯を支えます。
この方法はアメリカでは50年以上の実績があります。
長所:口を開けても金属製の金具(バネ、止め具)が無いので、審美性に大変優れています。
短所:保険が適用されず自由診療になります。
軟らかい樹脂を用いていますので、硬めのブラシで擦り過ぎると傷が付くことがあります。熱を用いて加工しておりますので、熱湯消毒や煮沸消毒は避けてください。

部分義歯 140,000円~(税別)
総義歯 230,000円(税別)

各種アタッチメント

各種アタッチメントの画像

さまざまな種類があります。入れ歯の補助的な固定装置です。入れ歯のバネを全く使用せずに残っている歯を利用して固定させる器具のことです。口の中で入れ歯を出来るだけ小さく保ちたい時にお勧めします。
(歯の被せの加工と入れ歯の料金が別にかかります)
長所:周辺の歯の被せ物と義歯を小さな連結器でつなぎますので、目立たず快適に使用いただけます。
短所:保険が適用されず自由診療になります。
周辺の歯を補綴対象とするために、健全歯への加工はお勧めいたしません。

部分義歯 85,000円~(税別)
※別途部分義歯の料金が必要となります。
総義歯 85,000円~(税別)
※別途総義歯の料金が必要となります。

プラスチック義歯

プラスチック義歯の画像

義歯床にプラスチックを使用しています。

部分義歯 保険適用
総義歯 保険適用

ノンクラスプ金属床

ノンスクラプ義歯は弾性のある樹脂を用いますが、舌のあたる部分をより薄く違和感を少なくし、喋りやすくすることを最大の目的にしています。
長所:ノンスクラプ義歯の特性を保ちながら、見えない裏の部分のみに金属を用い強度と使用感および見た目を向上させた義歯です。
舌の動きが制限されにくいために、通常の義歯に比べて滑舌がスムーズになります。
短所:保険が適用されず自由診療になります。
軟らかい樹脂を用いてますので、硬めのブラシで擦り過ぎると傷が付くことがあります。
熱を用いて加工しておりますので、熱湯消毒や煮沸消毒は避けてください。

バイタリウムⅡ 224,000円~(税別)

総義歯金属床

残された葉が少ない・残っている歯が無い場合は『総入れ歯』を装着して噛み合わせを回復する必要があります。しかし保険の入れ歯の場合は使用できる材料に制限があるために顎の部分や舌のあたる部分が樹脂や太い金属で分厚くなり滑舌を阻害したり食べ物の味が判り辛くなるばかりか、温度に対しても鈍感になります。また総義歯破損の8割近くの場所は力の一番かかる顎の内側部分に集中しています。
長所:亀裂の原因の多い顎の内面のみを金属に置き換えることで、薄く丈夫で快適な使用感の入れ歯になります。舌の動きが制限されにくいために、通常の義歯に比べて滑舌がスムーズになります。
短所:保険が適用されず自由診療になります。

バイタリウムⅡ/軟性樹脂etc. 338,000円~(税別)

スーパーチタン金属床

優れた生体親和性を持ち、軽量で強靭なチタンは金属床の材料として最適です。より強度のあるスーパーチタンはすクラプを要する部分義歯に用います。

長所:純チタンほどでないにしろ非常に軽くて生体親和性の高い素材を用いることにより口の中の金属味やアレルギー発症率を低減します。

短所:保険が適用されず自由診療になります。

335,000円(税別)


PAGE TOP