奥歯のかぶせもの治療

奥歯の治療方法

治療方法によって、見た目に違いがあるだけでなく、耐久性・清潔感の面でも違いがあります。
最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

使用する素材の違い

前歯の治療に使われる素材は、大きく3種類に分かれます。ひとつは歯科用に強化した陶材を用いた白く美しい「セラミック」。次に体にやさしい金属「ゴールド」。そして保険診療が利用できる「銀歯」と呼ばれている銀合金です。これらには主に3つの違いがあります。

違いその1:美しさ

セラミックの最大の特徴は、いつまでも続く透明感のあるその白さです。小さなかぶせものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

違いその2:耐久性

かぶせものは、その精度や素材のかたさなどによって、使用できる年数に違いがでることもあります。ゴールドは丈夫さではナンバーワン、しかも柔軟性があるため歯としっかり密着します。セラミックも特殊な接着剤を用いて装着するので歯としっかり一体化します。銀歯はこれらと比較すると隙間ができやすく、二次むし歯のリスクも高くなります。

違いその3:金属アレルギー

金属のかぶせものはお口のなかで少しずつ溶け出してしまうため、金属アレルギーを引き起こしたり歯茎が変色する場合があります。しかしゴールドは丈夫で腐食に強く、金属アレルギーが起こりにくい素材です。またオールセラミックなら金属を一切つかっていないので金属アレルギーの心配はありません。

当院の治療メニュー

当院では健康保険を利用できる治療はもちろん、セラミックなど様々な治療方法に対応しています。皆様のご希望にあわせて最適な治療方法をご提案いたしますので、お気兼ねなくご相談ください。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

丈夫で白いジルコニアにセラミックを焼き付けたものです。

保険適用 ×
費用 120,000円(税別)
長所
  • 自然な白色
  • ほとんど変色しない
  • 磨耗に強く耐久性に優れている
  • 清潔感が高くプラークがつきにくい
  • 金属アレルギーにならない
短所
  • 極度に強い衝撃を与えると割れることがある

Zepジルコニアクラウン

当院で一番多く用いられているジルコニアクラウンは”ゼップ”Z.EP(colored Zirconia+Enamel Porcelain)という名称で、田中朝見(テキサス大学歯学部審美歯科臨床学教授)氏が開発したジルコニアを指し、アメリカ・ドイツ・日本で特許を取得されています。
通常の歯科で使用されるジルコニアクラウンとの大きな違いは、”ホットボンド”という特殊ガラス系素材をクラウンの内部に焼き付けることでボーセレンとジルコニアおよび歯質とが科学的+機械的に接着されます。強度面にも定評のある”ゼップ”は歯牙形成量も少なくエナメル質を残した0.5㎜の形成が可能になり、二次齲蝕の発生率が軽減されます。またクリアランスがあまり見込めない症例でもジルコニア本体に着色(Tanaka ジルカラー)できますので補綴治療の自由度が増します。歯牙への接着の際にも数種類の薬剤処理の上、前歯用、臼歯用とそれぞれの特性を考慮した材料を用います。
鹿嶋歯科医院では日本に導入されて間もなくの2010年より臨床に取り入れ、2013年にはA.T.D.Japanより公認を受けています。

保険適用 ×
費用 130,000円(税別)
長所
  • 強度が高く、潰れにくい
  • 本物の歯のように見える
  • 見た目が最も美しい
  • 口臭が出にくい
  • 変色しない
  • 金属アレルギーがでない
短所
  • 保険が適用されない

Goldクラウン

ゴールド(20K)を用いたつめものです。金属アレルギーになりにくく、歯への適合が良いです。

保険適用 ×
費用 70,000円(税別)~
※歯の大きさと形状により金額が多少前後します
長所
  • すき間にピッタリはまるので外れにくく、虫歯になりにくい
  • 咬み具合が天然歯に一番近い
  • 丈夫で長持ちする
  • 変色しにくい
短所
  • 保険が適用されない
  • 見た目の自然感がセラミックと比べて劣る

3Mダイレクトクラウン

”陶器”と”歯科用樹脂”を混ぜたハイブリッドセラミックスという混合素材が使われています。

保険適用 ×
費用 30,000円(税別)
長所
  • 笑うと銀歯が見えてしまうので、とにかく安く奥歯を白くしたい!
  • 金属アレルギーが気になる!オシャレ大好きな方や人前で話す機会が多い方へお勧めです。
短所
  • 保険が適用されない
  • 奥歯(大臼歯)のみの適用となります。
  • 強度に乏しい為に歯の切削量が多くなります。
  • ジルコニアやセラミックに比べて壊れやすいです。
  • 色が限定されます。

金銀パラジウム合金

金銀パラジウム合金

銀、パラジウムなどを使った銀合金です。

保険適用
費用 保険適用
長所
  • 健康保険が適用できる
短所
  • 色が目立つ
  • 2次むし歯になりやすい
  • 金属アレルギーになる可能性がある


PAGE TOP